ダイエット散財ばか一代★それでも痩せたいのだ日記

61キロ→53キロ。たどりついたのは味覚を磨くだけの苦しみゼロ、月約2千円の減量法でした。

医師が減量に関して、共通して言うこと

Salad

◆ベジファーストいのち

仕事で、医師と話すことが少なくありません。

ざっくりいうと、医師のお話を、広く理解してもらえるよう噛み砕いて表現するお手伝いをしています。

 

そこで一時期がかぶれたのが、第6の栄養素と言われる「酵素」です。

理屈はおそろしくめんどくさくて、いまだに私もちんぷんかんぷんですが

ダイエットに関して

とにかく、ひとことでいうと「生野菜を最初に食べとけ」

 

これはどの医師も、必ず言います。

プライベートで通っているダイエット外来の医師

「ベジファースト」と、造語を堂々と治療方針ではっきりうたっています。

都民ファーストよりヘルシーで明快だわ。

 

生野菜には酵素がたっぷりで、消化を助けてくれるそうです。

加熱すると、酵素は減ってしまうんですね。(ロウフードも、その理屈からきているようです)

 

それに、先に食べるとお腹が膨れます。いいことだらけ。でも……。

 

◆外食対策

でも、困るのが外食です。

どんな料理も、とにかく生野菜が少ない。

 

韓国の焼き肉は、えごまやサンチュなど、緑の葉で包んで食べます

生野菜の酵素が、肉の消化を助けるからです。

酢豚のパイナップルも、パイナップルの酵素が消化を助けるため。

 

だから私は外食時は、できるだけ野菜で巻いて食べられる焼肉やベトナム料理

多くチョイスします。

 

そして最近発見したのが、宇都宮餃子です。

実は宇都宮は人生でまだ2度しか行ったことがないのです。

が、感激しました。

 

◆餃子を巻いて食べる店

仕事帰りにふらりとはいった宇都宮駅前のお店「典満餃子(てんまんぎょうざ)」のメニュー表で目にしたのが

「葉っぱで巻いて食べる餃子」です。

 

f:id:goutokuji-tomiko:20190221222023j:plain

ビールも餃子も頂いちゃってます。

これなら、餃子も食べたい。ベジファーストも守りたいの両方

かなえてくれます。

サンチュと大葉付き

 

葉っぱ1枚なのになぜかお腹いっぱいに。

 

なにより「ビールも餃子も食べたけど、酵素も取りました」という

言い訳を自分にできるのが一番嬉しのです!!

 

そう、ダイエットは「できない私」にストレスを抱くのが失敗の要因のひとつ。

「できなくなかったよ」と、自分に言い訳をして

明日も頑張る。それが近道だと思うのです。

 

 

--------------------------------------------------

 この本のサラダを何度作ったことか!

有元葉子さんのレシピはやっぱり、悔しいけれど、天才的に美味しいと思う。

この野菜にこの料理: 大好きな素材を3倍おいしく (単行本)

この野菜にこの料理: 大好きな素材を3倍おいしく (単行本)