ダイエット散財ばか一代★それでも痩せたいのだ日記

61キロ→53キロ。たどりついたのは味覚を磨くだけの苦しみゼロ、月約2千円の減量法でした。

地獄の正月太り2

f:id:goutokuji-tomiko:20190117010141j:plain

 

◆アメリカで売れた写真集をヒントに

「Advanced style」は、数年前アメリカでバカ売れした写真集です。

ニューヨークのむちゃくちゃかっこいいシニアのおしゃれスナップを集めたもの。

 

私は、体重がリバウンドして「あーもーだめかも。ダイエットやっても意味ないかも」

諦めそうになったとき、本書をひもときます。

 

すると、どんなサプリより元気になります。

「歳を重ねても、セクシーでチャーミングな女性でありたい」

素直に思えるから。

 

諦めちゃだめだと思えるから。

 

若い頃は「痩せる方法」「テクニック」にばかり目が行きましたが

今は、「気持ち」の部分を変えるのが実は一番成功に近い

実感しています。

 

技術より意識をかえるほうが長く続くんですね。

 

Advanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ

Advanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ

 

 

 ◆ダイエット魂を刺激する映画

上記の本つながりで、大好きなドキュメンタリー映画があります。

「アイリス・アプウェル 94歳のニューヨーカー」

irisapfel-movie.jp

 

96歳のファッションアイコン、アイリスは、シャネルのブレスとフリマの3ドルのブレスを重ねづけします。

 

「派手がいいの。ファッションは、ブランドではない。組み合わせよ」と

言い切る派手派手女王

 

でも、かっこいいんですね〜これがまた

何故かっこいいか。

 

精神性もですが、何しろスリムなんです。

だから、何歳になっても何でも着こなせる。

着れないものがないんです。

 

これもまた、凹みそうになったら見る私のとっておき。

 

さて、ただいま野菜スープで56キロ。あと2キロ頑張って戻します