ダイエット散財ばか一代★それでも痩せたいのだ日記

61キロ→53キロ。たどりついたのは味覚を磨くだけの苦しみゼロ、月約2千円の減量法でした。

塩は、砂糖以上にダイエットの大敵だ


Spices

◆アフリカ料理、塩分スパイラル

本格的なアフリカ料理を食べに行きました。大使館員が来るような本格派です。

ラム、チキン、鶏肉。ピーナツやチリなど複雑に混ぜ合わせ、どれも美味しかったのですが、すべてしょっぱい。

暑い国なので、塩分補給は命を守るためにも大事なこと。ひとさらごとに、とうもろこしのふわふわのお餅や、芋の蒸しパンが添えられ、それと一緒に食べるのが絶妙に美味しいのです。

これがあると、料理+パンかお餅の組み合わせで、延々に食べられます

 

f:id:goutokuji-tomiko:20181017120640j:plain

(写真)右手前がお餅。奥が芋の蒸しパン。むちゃくちゃおいしい

 

◆塩分は肥満の敵

そして、どんどん胃がもたれていきます。

美味しいけどお腹パンパン。

でも、料理をもうひとくち食べたい。

しょっぱいから、お餅も一口。

さらにパンパン。

 

口直しにビールも欲しい。

 

アフリカ料理、魔のスパイラルにはまり、つくづく塩分はでぶの敵だなあと思いました。

水分より、塩気を和らげる炭水化物が欲しくなるのです。

 

甘いものはたくさんは食べられません。でもしょっぱいものは、炭水化物と口中調味しながら、案外延々と食べられます。

 

これが全ての理由ではないでしょうが、アフリカの超グラマラス(あるいはボリューミー)な女性たちを思い浮かべて、日本人にこの塩分はtoo much だと実感しました。

アフリカ料理は極端な例ですが、和食であろうと、日頃の自分の料理の塩分も見直したほうが良さそうです。