ダイエット散財ばか一代★それでも痩せたいのだ日記

61キロ→53キロ。たどりついたのは味覚を磨くだけの苦しみゼロ、月約2千円の減量法でした。

ドクターのオキテ

f:id:goutokuji-tomiko:20181011111031j:plain

(大好きな麓屋の蕎麦サラダ。2〜3人分はあります)

 

◆なにがなんでも、外では「ベジファースト」だ!

私は、ダイエット開始のきっかけとなったクリニックのダイエット外来に、2ヶ月に一度くらいの頻度で、今も通院しています。

「防風通聖散」処方と、高血圧の経過観察のためです。

そこで、口を酸っぱくして医師に言われるのが

「食事の一番最初に野菜を食べなさい」ということです。

 

とくに外では野菜スープを飲めないことが多いので

(水筒に持参することもありますが)

そういうときこそ、「ベジファースト」でのりきれというのです。

 

とんかつなら、添えてあるキャベツを。

定食で、野菜が見当たらなかったら先に味噌汁を。

マリネ、漬物でもいい。

ベストは、塩分、油分が少ないドレッシングの生サラダ。

ビタミン・ミネラルはたっぷりだし、なにより

それでお腹が膨れることが一番いいとおっしゃいます。

 

◆別にカロリーは低くない

写真は、大好きな麓屋(京王プラザホテル)のそばサラダ

これを先に食べると、けっこう満腹で、あれこれ食べたくなくなります。

蕎麦屋なので、味噌田楽生麩などをあてに、お酒を飲み

最後にお蕎麦をシェアして食べるくらいがちょうどいい。

 

でもみただけでわかるように、カロリーはけして低くありません。

ドレッシングもごまベースでしたし。

ただ、生の人参やきのこ、ごぼう、シャキッとした水菜、揚げた蕎麦と、多様な食感があります。

つまり、よく噛まなければ食べられないサラダなのです。

これが、満腹の勝因でしょう。

 

葉っぱだけのサラダでなく、根野菜など咀嚼が必要な食材が入った

サラダのある店を、外食リストに加えておくと

お付き合いの会食にも便利です。