ダイエット散財ばか一代★それでも痩せたいのだ日記

61キロ→53キロ。たどりついたのは味覚を磨くだけの苦しみゼロ、月約2千円の減量法でした。

なぜ、味なし野菜スープがダイエットに効くのか?

punkins!

 

 

 

◆ただの野菜スープとまちがえないで!


私が2週間で4キロ落としたダイエット法の主軸は、野菜スープです。

でも、ただの野菜スープではありません

脂肪燃焼スープでも、トマトスープでもない。

 

かぼちゃ、たまねぎ、キャベツ、人参の乱切り各100gを

ひたひたより、ちょい多めの水(1.5〜2リットルくらい)で30分位

コトコト煮るだけ。

塩はもちろん、味付けは一切なし!!!

 

正式名称はハーバード大学式野菜スープです。

医師の高橋弘先生が、ハーバード大学で研究していたときに

考案した、本当はがん患者の免疫力を高めるためのスープです。

でも、名前ながっ。

なので、本ブログでは、「野菜スープ」とします。

 

この野菜スープで、なぜ体重が落ちるのか?

低カロリー、お腹が満腹になる、などがまず考えつくでしょうが

それは間違いではないけれど、一番の理由ではありません。

 

一番の理由は、先生はとくに書いておられませんが

私が去年から11ヶ月続けて、突き止めた実感を書きます。

 

「味がないから」です!!!

 

◆なのに美味しいわけ

一切の味付けをしないので、野菜の旨味やだしがにじみ出ます。

私も最初は、とにかくこわかった。

「まずかったらどうしよう」

「まずいものは続かない」

「一生、むりや我慢がなく続けられるダイエットがしたい」

 

この30年間で、ダイエットに数百万は投資してきた私は思いました。

 

でも・・・・たべてみたら

「どっひゃあああ、おいしい!!!」

 

野菜の甘味がじんわり舌先に感じられて、うまいのです。

とくに二日酔いの翌朝のスープは最高!

 

調べると、舌先には、繊細な味覚を感じ取る【味蕾】(みらい)という部分があります。これが敏感になると、ほのかな甘さや旨味を感じ分けられるようになる。

味蕾の感覚が磨かれる

化学調味料のきついものや、塩分糖分の濃いものをうけつけにくくなる

多くの味付けをしなくても、体が欲している、食材本来の旨味で十分満足できるようになる。

嗜好が変わる。

痩せる★★★

 

この素敵なスパイラルに乾杯して今日は終わりにします。

あ、おいしいスープのためには甘みがいっぱいの有機野菜が必須です。れまじで、絶対約束です。

さんざん実験したけれど、1種類でも有機でない野菜が混じると

ちょーまずいです。